犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介とトイプードルのレイリーの飼い主日記と動画

6月のドギーボックス(DoggyBox)で楽しむトイプードルのレイリー

投稿日:

ドギーボックス

こんにちは。トイプードルのレイリーを見てくださりありがとうございます。

今回は6月の時ボックスが届いたので開封してみようと思います 

スポンサーリンク

ドギーボックスとは毎月あるコンセプトのもと開発されたおもちゃとおやつがセットになったボックスのことです。

ドギーボックス6月の中身と感想

ますおやつは3種類入っていました。

・わんふりチーズ

サラサラのパウダー状のナチュラルチーズでカルシウムがたっぷりとのことでした。

レイリーはもともとチーズが大好きで、チーズの香りだけで大興奮でママについて歩いていました。

本来フードのトッピングでかけて食べるもののようですが、スプーンで手で上げるとなめまくって、顎の下が粉だらけになって大変でしたが、とっても美味しそうでした。

 

・アブラツノ鮫むなびれ

福岡の手作りおやつ工房のサメの胸鰭です。

パパが試食したら、人間にとっては結構硬かったですが、レイリーからすれば美味しかったようでペロッッと食べてしまいました。

 

・カンガルーチップス 

カンガルーは高たんぱく低脂肪でアレルギーが出にくいらしく、これって最強の筋肉飯ですよね。マッチョに憧れるパパもずっと食べていたいくらいです。

でも結構肉肉しいと言うか、生々しい、レバーのような味でした。

人間にとっては生々しさがちょっと・・・って鳴りますが、犬は野生を刺激されるんでしょうね。美味しそうに食べていましたよ。

そして、待ちに待ったおもちゃタイム

今回のコンセプトは・・・・

「実験」です。

 

おもちゃ2つとも鳴き笛が入っているおもちゃで、

電圧計と紐付きの電球の2つのおもちゃでした。

 

レイリーは電圧計のおもちゃよりも、

電球の金属部分(ぽいところ)が気になるのと、

紐が気になり、噛み付いて楽しそうに遊んでいて、

2つのおもちゃを抱きかかえて遊んだ挙げ句に、疲れて寝ていました。

 

こういう仕草小さい子供みたいで可愛らしいですよね。

 

毎回このドギーボックスのおもちゃとおやつにはレイリーもパパもママも楽しませてもらっています。

 

 

-トイプードルのレイリー日記
-, ,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.