犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介とトイプードルのレイリーの飼い主日記と動画

トイプードルの性格は?毛色によって違う?特徴は?しつけやすいのは?

投稿日:2015年5月16日 更新日:

トイプードル

今はペットと言わずに
コンパニオンアニマル
などという呼び方がありますね。

人間以外のまったく種類の違う
生き物と暮らすことはなかなかいいことです。

言葉が通じないまったく
生き物としての種類が違う
生命と交流すること・
信頼関係・
愛情を持って生活すること
などはすべての年代の人にとってもメリットがあります。

それでも自分の
思うとおりにならない相手
自分のほうからいろいろと想像力を使って
対処しなければならない相手
と暮らすという経験は子ども達にとっては
大きな財産になるでしょう。

いろんなペットの中でも
犬はやっぱり人気があります。
犬のほうからは「群れの一員」として
人間のほうからは「家族の一員」として
仲間になりやすいからでしょうか。

犬の中でも愛らしい姿と利口さで
トイプードルは常に
人気犬種のベスト5の常連です。

いろんな毛色が楽しめる犬種ですが
それぞれの色によって性格も違ったりするようです。

プードルはいろんな犬の中で
一番しつけのしやすい犬
といわれるくらい利口な犬種だといいます。

活動的なために
飼い主や他の人との
交流を好みます。

一方で神経質な一面もあり
知らない人にむかって
吼え続けるというような
困ったクセを持つ個体もあります。

スポンサーリンク

トイプードルの性格!毛色による違いと特徴は?レッド・アプリコットの場合

いろんな色があるトイプードルの中で
一番テディベアのようにみえる毛色
ということもあって人気の色目です。

この色目の性格は
活発でやんちゃという
特徴があります。

一方で
神経質で警戒心の強いという
側面もあります。

協調性という面では
他の毛色よりも低いといわれていて
女王様・王子様気質
という説明がぴったりです。

飼い主への
「自分に注目してほしい」
「自分だけをかまってほしい」
という要求も強い傾向があります。

自己主張の激しい色、
ということができます。

愛犬と一対一で
ラブラブな関係を
楽しみたいという人には
いいかもしれません。

すでに他のトイプードルや
ペットがいて新しくお迎えする、
というためには向かないともいえます。

トイプードルの毛色の中では
新しい色なので
性格が安定されていない
ということもあるようです。

スポンサーリンク

トイプードルの性格!毛色による違いと特徴 ブラック・ブラウン、ホワイト・クリーム・シルバーの場合

ブラックの性格

ブラックはトイプードルの
毛色の中でも基本の色です。

そのために
遺伝的にも安定していて
運動能力も高く骨格もしっかりとしています
すべての毛色の中で一番利口
落ち着いていて
控えめな性格ともいわれます。

トイプードルを
飼いたいという人に
もっともお勧めな毛色になります。

多頭飼いをする場合にもむいています

ブラウンの性格

ブラウンもトイプードルの
基本の毛色のひとつです。

穏やかでおとなしく
マイペース
独立心が旺盛です。

そのために飼い主とも
一定の距離を保つことができるので
ちょっとドライに感じる人もいるかもしれません。

人見知りで
協調性に欠ける性格
という一面もあります。

ホワイトの性格

ホワイトはやはり基本色ということで
性格も安定しているといわれています。

甘えん坊な一面と
用心深い一面
兼ね備えています。

基本的なところは
ブラックと共通すること
が多いようですが、
ブラックに比べると
甘えん坊な一面が強いです。

クリームの性格

クリーム
ホワイトと似たような性格ですが、
マイペースなところがあります。

他の毛色と比べても
マイペースな性格といわれており、
「ちょっと風変わり」との
評判もあります。

個性的な相棒を求める人なら
憧れるのではないでしょうか。

シルバーの性格

シルバー
中間色ということで
性格は二分するという傾向があるようです。

温和で飼い主や他のペットなどとも
協調できるタイプ
神経質で独立心旺盛なタイプ
という二つの傾向があります。

どちらの性格でも
飼い主に対しては従順です。

トイプードルの性格としつけ!毛色による違いやしつけのしやすさなど

トイプードルはいろんな毛色があるので
飼育書などを見ても
「この色の犬はこういう性格」
という描写をされていることが多いです。

けれどもそれは
「一般的にそういう傾向にある」
ということでそれぞれの個体に
あてはまるものではありません。

一般的に犬種としての
基本の色である
ブラックは一番利口で性格も
安定しているために
しつけがしやすいと言われています。

反対に人気のレッドや
アプリコットはわがままだったり
警戒心が強すぎたりして
しつけにも根気が必要
いう意見が多いです。

そういうことから性格の悪い個体が
出やすい毛色というイメージもあります。

ただやっぱりその犬が
育てられてきた環境や
新しい飼い主・家族との関係も
影響があるので
「この毛色だからこういう性格のはず」
という思い込みは捨てましょう。

しつけにはその犬の性格や気質も
多分に影響します。

初めてトイプードルを
飼い始めて
「こんな風だとは思わなかった」と
なる前に飼育経験のある人や
ブリーダーをしている人など
経験者の話もたくさん聞いてみることを
お勧めします。

犬のしつけを考える前に
自分に本当に犬との生活ができるのか・
一生を責任もって世話してやれるのか
考えてみることが大切です。

スポンサーリンク

-性格
-, , ,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.