犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介とトイプードルのレイリーの飼い主日記と動画

シェパードの性格、警察犬!従順で警戒心が強く注意深い!凶暴性は?

投稿日:2017年11月18日 更新日:

シェパード

シェパードというと警察犬というイメージの強い犬種、
他にも災害救助といった過酷な環境でも勇敢に作業をこなす
適応力と知能の高いという特徴を持っています。

家庭でも家族にと迎える事もできますが、
基本の性格を知る事でより理解度を高め、
いい関係を続ける事ができるので、
ここではシェパードの性格についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

シェパードの性格、警察犬!従順で警戒心が強く注意深い!凶暴性は?

シェパードは冒頭でもお話した通り、
警察犬になるほどの高い知能を持っている犬種です。

高い知能を持つ事で判断と理解力、
そして注意深く観察するという訓練を行う事で、
その力を開花させる犬種であるということです。

その為、主がどれだけリーダーシップが取れるかが
今後の愛犬の性格や行動の決定付けられるということに繋がります。

しっかりとしつけが行き届き、
飼い主との上下関係が築ける事で従順で服従、
命令を理解したしっかりした成犬へと成長できますが、

それが出来ないと追々攻撃的で凶暴な性格へとつながり、
手に負えなくなってしまうくらい左右されてしまいます。

つまり「可愛い」だけで家族に迎える事ができない犬種
といっても過言ではないということになります。

スポンサーリンク

シェパードの性格、オールドジャーマンシェパードとジャーマンシェパードは?

シェパードにも種類があり、

・オールドジャーマンシェパード
・ジャーマンシェパード

といった2種類の犬種に分けられる事をご存知でしょうか。

いずれも優秀で人間の指示に従い、
作業をするということを得意としています。

ただ、性格的には違いがあり、
オールドジャーマンシェパードは牧羊や牧牛犬として活躍していたり、
農家の番犬などといった活躍により温和で家庭向きな性格をしています。

その反面オールドジャーマンシェパードを元に軍用犬として
改良された犬種「ジャーマンシェパード」が誕生したという点で、
それぞれ作業内容が違うことが性格を分けているとも言われています。

シェパードの性格、オスとメス・雑種では?室内飼いはできる?

オスとメスとで性格は違うのか?
訓練の際にはその違いは出て来る様です。

どちらかと言えばメスの方が指示にも素直に応じるものの、
オスの方がきつめの指示をしないと対応しなかったり、
なんとなく渋々対応する様な様子を見せるとも。

そうとはいっても個体差があるので全てではないですが、
そうした様子が見られる事があるといいます。

また、シェパードの血を持つ雑種に関しては、
半分はそのDNAを引き継いでいるので
しっかりとしたしつけが必要であると考えて良さそうです。

合わせて室内飼いが出来るかどうか?
近年では大型犬も室内で飼う事が多くなりましたので
できない訳ではありません。

ただ、夏場の暑さや湿気にはめっぽう弱い犬種なので、
不在時の室内温度の管理は要チェック。

運動能力もある犬種であるので運動不足にならない様な
散歩の量やドッグランなどで思い切り走らせるなどが必要です。

スポンサーリンク

-性格
-,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!トイプードルのレイリー飼い主日記 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.