犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介。犬種別の特徴などを紹介

ミニチュアピンシャーの性格と特徴や大きさ!しつけや寿命・抜け毛は?

投稿日:2019年2月24日 更新日:

ミニチュアピンシャー

見た目は小さなドーベルマンに似た
「ミニチュアピンシャー」

ミニチュアピンシャーをお迎えする前に、
基本性格を知っておくとしつけがしやすく、
よりステキなパートナーになります。

今回はミニチュアピンシャーの性格や、
飼い方、しつけについてご紹介!
お迎え前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ミニチュアピンシャーの性格は利口!オスとメスの違い、外向的?

ミニチュアピンシャーの主な性格は、
古く狩猟や牧羊として働いていた名残があり、
利口で勇敢でとても活発な性格をしています。

また、使役犬であった事もあり、
大胆で多少気性が荒く強壮で番犬の素質十分持っています。

そうした事から飼い主や家族に対して忠実で、
簡単にしてしまうとやんちゃで元気いっぱい!
小さいけど頼りになる奴!といった感じですね。

オスとメスでは一般的にはオスがおっとり、
メスが活発と言われてますが個体差がある様です。

警戒心が強いので初見の場合に吠えることがありますが、
幼犬の時に社会性を身に付けておくと回避できます。

ミニチュアピンシャーの性格と特徴、大きさは?

ミニチュアピンシャーは体重がおよそ5kg前後、
体高が30cmほどで小型犬に含まれる犬種です。

ピンと立った耳に筋肉質で引き締まった身体、
大きくつぶらな瞳でドーベルマンを小さくした印象がありますが、
まったく血縁はなく歴史が長い犬種だといいます。

前足を高く上げて歩く「ハクニー歩様」も
ミニチュアピンシャーの特徴です。

尾が短いのも非常に特徴的ですが生まれつきではなく、
古く狩猟時代や牧羊犬時代の名残から踏まれて怪我を負う事から防いだり、

肛門近くにあることから不衛生だという配慮から断尾をしていた事が、
現在では犬種の理想的な姿を保つために行われているのだそうです。

また、ミニチュアピンシャーや他犬種でも見られる、
耳を小さくカットする「断耳」というものもありますが、
これも断尾と同様の意味で古くから行われていた様ですが、

今は断尾も断耳いずれも禁止を唱える声も多く、
飼い主やブリーダーによっては行っていない場合も増えました。

スポンサーリンク

ミニチュアピンシャーのしつけ、寿命や抜け毛は?

ミニチュアピンシャーのしつけは「甘やかさない」がポイント、
とはいえ叱ると逆に攻撃的になるともいいます。

「ダメ」「待て」と短いワードのみで指示を行い、
出来たら全力に褒めること。

小型犬種だとつい甘やかしてしまいがちですが、
体は小さくても大型犬の様なパワフルさを持ち合わせているので、
しっかりとメリハリをはっきり付けたしつけで教えて行くとよいといいます。

なお、ミニチュアピンシャーの寿命はおよそ13年ほど、
好奇心旺盛な犬種なので高い所から飛んで骨折や脱臼、
「レッグペルテス病」という股関節の病気などがあげられます。

被毛が短く抜けにくい特徴があり、
日々のブラッシングを行う程度のお手入れで十分。

ただ、寒さに弱い傾向にあるので、
冬場の防寒対策は必要になります。

ドーベルマンの性格!長所や短所は?警戒心が強く恐れ知らずで聡明!

スポンサーリンク

-性格
-, , , , , ,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.