犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介。犬種別の特徴などを紹介

トイプードルの値段の違いや相場!飼育準備のための平均価格は?

投稿日:2015年5月30日 更新日:

トイプードルの子犬

トイプードルは現在の愛玩犬の中で
常に人気上位にある犬種です。

ぬいぐるみのように愛らしい容姿と
元気に遊ぶ姿小さい個体になると
女性でも簡単にキャリーに入れたりして
旅行に連れていったりもしやすいということが
あるのでしょうか。

人気が出てくると当然需要も多くなるので
ペットショップやブリーダーとなる人も
少しでもたくさんの仔犬を取引したいと考えるものです。

人気の毛色や大きさの犬は
高値で取引されることもあって今や本来は
どれくらいの値段が適正なのか
わからない状態も感じられます。

ペットショップから購入したり
ブリーダーから譲渡してもらうにしても
適正な価格についての知識があれば
こんなはずではなかったと後で後悔しないように
することができます。

スポンサーリンク

トイプードルの値段の相場!飼育準備のための平均価格は?

トイプードルの値段は
約20万円前後から
約30万円ほどとされています。

これは仔犬のみの価格で
実際に家族に迎えるには
このほかにもいろいろな費用がかかります。

主なところは
・餌代
・生活用品
・トリミング
・健康管理費
・医療費
となります。

細かく見てみると、
餌代は1ヶ月におよそ3千~5千円です。
フードにもいろいろな種類があって
値段も安いものから高いものまで様々です。

安いものを選ぶか・高いものを選ぶかは
飼い主さん次第ですが、
値段の安い・高いにはそれなりの理由があります。

材料や添加物などの品質をよく確かめて
愛犬の健康にとっていいものを選んであげましょう。

生活用品としては
サークルまたはゲージ
トイレシート・トイレトレー
スリッカー(ブラシ)・

食器・
リード・首輪
おもちゃ
などです。

サークルやゲージ
2千円程度から10万円程度まで
値段に幅があります。

デザインや広さなど
考えて選びましょう。
だいたい2万円前後のものが
ポピュラーなようです。

トイレトレーは4千円くらい
トイレシートは一月に2千円くらいです。
食器・リード・首輪
おもちゃを与える場合は
おもちゃなど100均や1000円しないものから
数万円するものまであります。

トリミングは約1ヶ月に1回必要になります。
1回にかかる費用は7千円から1万円ほどです。

健康管理費・医療費は
獣医さんによっても違いはありますが、
狂犬病のワクチン接種が
年1回必要になります。
1万円~1万5千円ほど。

その他
フェラリア予防薬
(半年5000円)・
ノミやダニの駆除
(年間8千円~1万円)
かかります。

これらを考えてみるとトイプードルを飼うには
準備として最低ラインでも
25万円程度を見込んでいたほうが
いいということになります。

スターターセットのようにサークルやトイレトレーなどが
セットになったものが手頃な価格で売っている場合もあります。

トイプードルを飼う準備 グッズ購入・サークルの組み立て

トイプードルの値段の違いはどこにあるのか

見た目も、月齢も、毛色も
同じような仔犬なのに
値段が違うのはどうしてかと
不思議に思ったことはないでしょうか。

家に迎えて大切に育てれば
値段が安かろうが高かろうが
関係ないと思いますが。

トイプードルは最近の流行として
よりサイズの小さいほうが
高値になる傾向があります。

成犬になったときのサイズが
より小さくなることが予想できる仔犬は高くなります。

顔立ち・身体つきによっても
価格はかわります。
全体的なバランスがよい仔犬は高値になります。
けれども最近は足の短い仔犬
愛らしいということで人気があったりします。
丸顔・目がクリクリとしている・
毛量が豊富である
という仔犬も高価です。

一般的にメスのほうが高価です。

血統のいい仔犬も高値になります。
両親ともにチャンピョンである・
血統ラインにチャンピョンがいる
という仔犬は高値です。

日齢・月齢の若いほうが高値になります。

レッド・アプリコットは高くなります。

値段が安くなる場合もいろんな原因があります。

ミスカラーと呼ばれる
トイプードルの毛色として
認定されているものから
毛色がはずれたもの・
歯のかみ合わせが悪い・
遺伝的な問題がある
という個体は安くなります。

必ずというわけではありませんが、
ブラック・ホワイトは安めの価格になる傾向があると言われています。

ペットショップから購入するのか・
ブリーダーから直接購入するのか
によっても価格は違います。

ペットショップの場合は様々なマージンが
付加されるので高めになります。

スポンサーリンク

トイプードルのオス・メスはどちらが安いの?毛色による値段の違いはあるの?

トイプードルでは一般的に
メスのほうがオスよりも
3~5万円ほど高くなります

もともとトイプードルの出生比率は
オスのほうが多いそうです。

またメスが生まれると
将来の繁殖のために
手元に残すブリーダーも多いため
市場そのものに出回る数も少ないのです。

体の小さい母犬になると一回の出産で
生む子犬の数も少ないためメスが生まれると
より貴重ということになります。

飼育書の中にはメスのほうが
性質が穏やかで
飼育しやすいという情報もあるということも
メスのほうが高値になる理由だと言われています。

現在の人気の毛色は
レッドやアプリコットです。
テディベアのような愛くるしさが
他の毛色よりも際立つからでしょうか。

トイプードルは単色の毛色が特徴です。
ただ遺伝などの関係で2色以上の色が
現れたものをミスカラーということがあります。

そのような仔犬は価格も安めになりますが、
健康面で問題がある
というわけではないようなので安心して下さい。

繁殖には用いないほうがいいとか
ショーへの参加は難しいということがありますが、
家庭でペットとして可愛がるのが目的ならば
問題があるということではありません。

スポンサーリンク

-コラム
-, ,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.