犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介

犬の飼い方やイヌの病気、しつけやグッズの紹介。犬種別の特徴などを紹介

フレンチブルドッグの性格!溌剌・遊び好きで愛情深い!飼い方やしつけ

投稿日:2017年12月11日 更新日:

フレンチブルドッグ

愛嬌のある顔が特徴的のフレンチブルドッグ、
表情も豊かで人懐っこい子が多い様に思います。

これからフレンチブルドッグを迎える方に、
性格や飼い方、しつけの方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレンチブルドッグの性格は溌剌!遊び好きで愛情深いおおらかさが魅力

フレンチブルドッグ(以下、フレンチブル)は
街中で見かける事がありますが、
とっても愛嬌があり陽気で活発、

体全体で喜びを表すかの如く人懐っこく、
愛情深く優しい犬種であるといいます。

元祖はブルドッグであり、
頑固さも引き継いでいる部分はありながら、
あまり強くは継いでいない様子。

遊びが大好きで外向的であるので、
他の犬や人間とも仲良く出来ます。

犬は狩猟で活躍してきた犬種と、
愛玩として人と共にして来た犬種がおりますが、
フレンチブルは後者なのであまり神経質ではなく
無駄吠えも少ないところも飼いやすさのポイントです。

スポンサーリンク

フレンチブルドッグの性格、凶暴?噛む?飼い方やしつけは?

フレンチブルドッグは基本的には温和な性格なのですが、
「性格が両極端に分かれる」という噂も耳にします。

これには生後50日頃の経験で左右される様ですが、
主従関係がしっかりしておらず甘やかすだけ甘やかして育てると、
ワガママに育つイコール「凶暴」になる事はあります。

「自分よりも下だ」と犬が思った相手には、
吠えますし噛み付く場合もあります。

可愛いが故の甘やかしは時として
誰かを傷つける事もありますので、

構い過ぎたり犬の必要以上の要望には応えないなど、
多少の距離を保つことが大切であるといいます。

また、叱りつけのしつけはどんな犬でもNG
フレンチブルの場合は「褒められてのびるタイプ」なので、
例えば無駄吠えした場合には「ダメ」と叱りますが、
黙ったら褒めてあげるというメリハリのあるしつけがポイントです。

飼い方はどんな犬でも同じではありますが、
フレンチブルに言える事は「肥満になりやすい」

食いしん坊さんが多いので適正の量のご飯と、
散歩においては1日30分を目安にし、
個体差があるのでどの程度で疲れるのかで見極めます。

なお、皮膚が薄い犬種であり、
温度調節が苦手なので夏場は涼しい時間帯の散歩と、

首の後ろに保冷剤を当ててあげるなどで回避、
冬場も服を着せてでかけるなどの工夫が必要です。

フレンチブルドッグの性格、ボストンテリアとの違い、ブリンドルは?

特徴的なピンっと立った「こうもり耳」がポイントの
フレンチブルとボストンテリア。

見た目にはとっても似ていて、
性格的にも似通っていて「これ」という決定打はありません。

それというのも性格は十人十色ですので、
生活環境などもで変わるからです。

見た目の違いで見分けるならば、
耳の部分がフレンチブルは耳が大きく丸みを帯び、
ボストンテリアは同じ立て耳でも小さめで先が尖ってる感じ。

また、フレンチブルドッグの方が
元祖のブルドッグの体格を受け継いでいる点で
胸部分が広くがっしりとした上半身を持っています。

また、毛色においてはボストンテリアは、
白黒モノトーンでタキシードを着ている様な「ボストンカラー」のみ、

なお、フレンチブルにおいては毛色が11色あり、
中でも基本色としておおまかに「4色」に分けられます。

・フォーン(濃い茶系)
・パイド(白ベース、部分的に黒が入る)
・クリーム(淡い白)
・ブリンドル(黒ベース、部分的に濃淡や白ラインが入る)

ボストンテリアの性格!聡明・友好的!散歩嫌い?体重やなりやすい病気

スポンサーリンク

 

-性格
-, , , ,

Copyright© 犬の飼い方!病気やしつけ!犬種類別の特徴などを紹介 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.